FC2ブログ
カテゴリ
プロフィール

はずみ

Author:はずみ
2012年5月末に専門クリニックでの妊活を開始!元気な赤ちゃんを抱ける日が来ることを信じてブログを書いていきます。

最新記事
妊活の歩み
  1. 結婚後、2年過ぎても授からず・・・迷いに迷って仕事を辞め専業主婦へ
  2. [2012年5月]不妊専門のクリニックデビュー
  3. [2013年~]1年経ってもタイミング法で授からず
    1. フーナーテスト不良(3回)
    2. 精液検査○
    3. 卵管造影検査○
    4. 風疹抗体検査:夫○/私×→4/1風疹ワクチン接種
    5. 4月:子宮鏡検査・手術(ポリープ)
    6. 6月:抗精子抗体検査○
    7. 8月:人工授精(AIH)1回目×
    8. 9月:人工授精(AIH)2回目×
    9. 10月:人工授精(AIH)3回目×
    10. 11月:人工授精(AIH)4回目×
    11. 12月:人工授精(AIH)5回目×
    12. 保険適用の漢方「温経湯」始める
    13. 1月:お休み周期
    14. 2月:人工授精(AIH)6回目×
    妊活の歩み元気な赤ちゃんが授かりました(予定)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風疹大流行!東京都はワクチンの助成あり

風疹が大流行しているみたいですよね

東京都は、妊娠を希望する19歳以上の女性と、妊婦の夫が受ける風疹ワクチンの接種費用の半額を助成することを決めています。
千代田区は全額助成だとか。
19日現在、千代田区台東区渋谷区中野区品川区が公式サイトで風疹予防接種の助成を行うことを明らかにしています。上記の市区町村にお住まいの方は、区の風疹予防接種の助成金が記載されているページへ飛ぶよう、リンクを貼ったので、よかったら確認してみてくださいね。

他の自治体、横浜市~も助成始まらないかな。。。


風疹患者は、全体の8割弱が男性で、うち76%が20~40代のようです。
この世代は予防接種などによる免疫がないか、不十分な人が多いためとされています。


妊娠中の女性が感染すると胎児に深刻な影響が出る恐れがあります。




20~40代・・・
私の主人も該当します。



少し前から新聞で取り上げられていたので
気になってはいたのですが・・・行動に移さず

でも今回、
病院の掲示板にも風疹の張り紙があったので、風疹の抗体があるか
調べてきました

血液検査だけで分かるので注射で血を取るだけです。
1週間後で検査結果が分かる予定です。


私は小さい頃に風疹にかかったので、夫だけで良いかなと
思ったのですが、先生から
風疹の抗体が弱まっている可能性もあるから
受けた方が良いよ


と言われ、私も受けることに。


もし、風疹の抗体がなかった場合、
ワクチンの接種を男性がした場合は関係ないのですが、
女性は2ヶ月の避妊が必要となるそうです。



自分は、大丈夫なんて思っていても、人口が密集している都市部で流行しているし、、、
もし仮に念願叶ってやっと子どもが授かったとしても、風疹にかかったら・・・


風疹が流行していることを知っていながら
予防しなかったことで、子どもの身体に影響があったなんて、自分を責めるだろうし、
何より、子どもが可哀そう。


と思ったので抗体がなかったら、風疹ワクチンの予防接種をしようと思っています。


[今回の診察代:3,215円、主人4,200円]※主人には初診料が含まれています。
風疹抗体があるかどうかの検査は、保険適用外となっています。


もし参考にしていただけたら、ポチっと応援していただけると嬉しいです。
FC2ブログランキングバナー



関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

リンク
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。